ネット証券

メイン証券口座をSBI証券→楽天証券に変更!楽天経済圏をフル活用へ

一度すべての投資信託を解約したタイミングで、メイン口座を変更しました。

これまでSBI証券で一般NISAを利用してきましたが、

これからは楽天証券でつみたてNISAで投資していきます!

 

なぜ楽天証券でつみたてNISAを選んだのか、まとめました。

 

一般NISAからつみたてNISAに変更したワケ

私がNISA口座を開設したころはまだ積み立てNISAが始まっていませんでした。

積み立てNISAが始まってからも、切り替えずに一般で続けてきました。

一般NISAでは、年間の投資額の限度が大きいのが主な理由です。

 

ただ現在は、そもそも「毎月の積立額をそんなに多くしたくない」状況にあるため、

むしろ積み立てNISAのほうが利点が大きいと判断しました。

 

つみたてNISAと一般NISAの違い
つみたてNISA 一般NISA
制度対象者 20歳以上の日本国内居住者
1年間に投資できる額 40万円まで 120万円まで
投資可能期間 2018年~2037年(20年間) 2014年~2023年(10年間)
非課税で運用ができる期間 最長20年間 最長5年間
※期間終了後、新たな非課税枠への移行による継続保有が可能
投資できる商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託 上場株式・公募株式投資信託・ETF・REIT等
〇例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの
・販売手数料はゼロ(ノーロード)
・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合 0.5%以下)に限定
・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・信託契約期間が無期限または20年以上であること
・分配頻度が毎月でないこと
・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと
口座開設数 1人につき1口座
※1年ごとに、「つみたてNISA」と「一般NISA」を変更することができる
※1年ごとに、金融機関を変更することができる
途中で引き出し・解約 いつでも可能

内閣府大臣官房政府広報室 「政府広報オンライン」より

 

どちらも使わないと損な非課税口座!

投資で得た利益に20%の税金がかからないメリットがあります。

 

両者の大きな違いの1つは「非課税で運用できる期間」です。

つみたてNISAのほうが長く、最長20年間運用できます。

インデックス投資では、長く保有していくほうが有利ですので、非課税期間が長いのはありがたいですね。

 

一方、一般NISAの利点としては、

  • 年間の投資可能額が大きいこと
  • 投資可能な商品の種類が多いこと

こういった部分が大きいです。

NISAを活用してETFに投資したい方などは、一般NISAがいいですね。

また、年間の投資可能額が120万円あるので、毎月同額を投資していくなら、毎月10万円まで投資できることになります。

 

ただ私の場合は、まずは

  • 毎月の投資額が月3万3000円程度で十分
  • 投資信託でインデックスファンドに投資したい

という考えだったので、つみたてNISAにしました。

 

加えて、つみたてNISAの商品は、政府が

  • 販売手数料はゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定

などの条件を課して厳選された商品となっています。

変なファンドに投資したりするリスクがとても低く、投資初心者にはおすすめです。

 

何もわからないけど、投資をはじめてみたい方は、つみたてNISAを少額からやってみるのが失敗が少ないのではないかと思います。

100円から始められます!

 

 

SBI証券から楽天証券に変更したワケ

SBI証券はネット証券としては安心感がばつぐんです。

ネット証券会社としては口座開設数が最も多く、取扱商品や手数料の面からみてもとても優秀です。

投資を始めた当初は、その点で楽天証券はおとると考えていたのですが、いまや最もお得といえる証券会社となっていると思います。

 

取扱商品の豊富さや手数料の低さはSBI証券と同水準で、

なによりも最大の利点は楽天カードでのクレジットカード決済ができることです。

100円をクレジット決済するごとに1ポイントが貯まります。

楽天ポイントは1ポイント1円として利用可能。投資資金にすることもできます。

楽天カード決済の詳細はこちら(楽天証券サイト)

 

楽天証券では、楽天カード、楽天証券、楽天ショッピング、楽天銀行などの楽天のサービスを組み合わせ、ポイントを運用することで、かなりお得に投資ができます。

 

 

SBI証券も、今月末からクレジット決済が可能になるのですが、いまのところまだ楽天のほうがお得ですね。

理由はポイント還元率。

楽天証券では1%のポイントが付くのに対し、SBI証券では0.5%です。

ただ、SBI証券は期間限定で1.5%にポイントアップのキャンペーンを打ち出しています。

また利用可能なカードは、三井住カードが発行したVポイントが貯まるカード。

新たにカードを作成しなければならない人が多いのではと思います。

またVポイントも1ポイント1円として利用できますが、活用範囲は楽天ポイントより狭く、投資資金とすることはできません。

それでも、今後SBI証券で投資信託を積み立てていくなら活用しない手はないですね。

SBI証券でのクレジットカード決済の詳細はこちら

 

 

クレジット決済で積み立てができるのは、どちらも毎月5万円まで。

NISAとの相性ばっちりです!

 

私はこれからつみたてNISAで投資可能な限度額まで、楽天カードのクレジット決済で投資していく予定です。